「アニマルパスウェイと野生生物の会」へようこそ
 
 
分断された森林をつなぐ、樹上性の野生生物の道「アニマルパスウェイ」の設置および普及と、森林の生物多様性、保全活動を行っています。
   
 
国道4号線 盛岡北道路にアニマルパスウェイ 

 数年前からアニマルパスウェイ設置の相談を受けておりました、国道4号線の盛岡北道路が3月26日に開通しました。国道には初めての設置になります。本アニマルパスウェイはニホンリスが横断できるようにということで設置されたものですが、積雪が多いため、若干断面形状が異なり、また4車線で長いため、中間で連結しています。下記のYoutubeの9分25~30秒付近にて見ることが出来ます盛岡北道路についてはこちら。

www.youtube.com/watch?v=0FFOe9OvDJg

 
BBCで放送されたアニマルパスウェイ
  アニマルパスウエイの事例がイギリスのBBC放送で紹介されました。イギリスの
   団体PTES(絶滅危惧種のための市民信託)は、日本でのアニマルパスウエイの成功
  事例と設計デザインを参考にして、アニマルパスウエイの実証実験を行っています。
  アニマルパスウエイの設置場所は、イギリス南部の特定自然保護区ワイト島です。
  ワイト島は、ヤマネを始めとした希少
種の重要な生息地です。ここに、鉄道の上を
  またぐ独自のアニマルパスウエイを設置しました。アニマルパスウエイの有用性の
  検証において、ヤマネやアカリスの利用が確認されています。
  PTESのIAN氏よりモニタリング映像を頂戴しました。下記画像をクリックください。

BBC放送: http://www.bbc.co.uk/earth/story/20151030-japanese-designed-dormouse-bridge-hopes-to-link-habitats

PTES(絶滅危惧種のための市民信託):https://ptes.org/

   
   Japanese inspired bridge sparks hope for Britain's dormouse
 
 
   
 
    お知らせ
NEW  4月1日 HPの移行について
 
    当会HPは、リニューアル中ででテスト公開しております。
    http://www.animalpathway.org/ をご覧ください。
 
NEW  3月10日15時45分 NHK Eテレ なりきり (再放送)
 清里の冬眠するヤマネになりきりという子供向け番組です。湊会長出演
 
NEW 3月5日 雪の無い清里で巣箱づくり
  暖かな清里で、恒例の大成建設主催の第13回目のヤマネの巣箱づくりボランティアを支援しました。
 毎年参加してくれるリピーターと初めて参加された方、それぞれ、沢山の巣箱を製作していただ
 きました。この巣箱は清里だけではなく全国のヤマネの調査地に送られます。
 
 
 
 一生懸命に巣箱づくりに取り組みました
 54名で285個の巣箱を完成!!
 
 
NEW 2月15日 アニマルパスウェイ情報交換会を開催しました。
  
 大成建設の会議室にて22名が参加し、情報交換会を開催しました。 
 横浜国立大学大学院の立脇氏をゲストに、一般道のロードキルから哺乳類の全国的な密度分布を予測する研究についてお話を聴き、意見交換を行いました。641の自治体からのアンケートをもとにロードキルデータから、9種類の動物の密度分布などを推測されています。記録は70%の市町村で残しているが、5年以内に破棄されている。また記録内容はまちまちで、場所や、日時などは残されていないことが多いようです。
  
 
 
 
 アニマルパスウェイ情報交換会挨拶(湊会長)
 立脇氏によるロードキルの情報解析講演
             
 
         
NEW  2月4日 UNDB-J(国連生物多様性の10年日本委員会)
  中間年フォーラムに参加
 
  当会はUNDB-Jの認定連携事業です。2020年までの愛知目標の達成に向けた
 取り組みに参加しております。昨年で名古屋のCOP10から5年が経過し、生物多様
 性の主流化がテーマとなっております。約80名ほどの参加で、6つの分科会に分か
 れてワークショップが開催されました。環境省、国土交通省、地方自治体、企業
 NGO/NPOなどが参加し、2020年に向けたUNDB-Jのロードマップ策定に
 ついて議論されました。当会は「生物多様性にあふれた都市空間の創造」をテーマ
 にした分科会に参加しました。会には2016年度ミス日本みどりの女神の飯塚さん
 も来られ、お話しすることが出来ました。
 
 
 
 中間年フォーラム(分科会の発表風景)
 涌井委員長代理の提示されたイメージ
 
 
NEW 12月17日 アニマルパスウェイ研究会・情報交換会を開催
  新宿センタービル52Fの大成建設の会議室をお借りし、22名が参加し、アニマル
 パスウェイ研究会・情報交換会を開催しました。
  国内外におけるアニマルパスウェイの取り組み情報をはじめ、ニホンリスの陸上
 の移動距離に関する知見、アセスメント学会における議論の状況、道路生態研究会
 の設立 、北杜市と富士山北麓のアニマルパスウェイ設置適地選定なおについて活発
 な議論を行いました。
 
 
 湊会長から開会挨拶とともに現状のお話があった
 IWMC2015について饗場さんより報告
 
 
 北杜市・富士山スバルラインのAPW適地選定方法と今後の予定について道越さんから説明があった
 ニホンリスの地峡走行距離についての研究結果の発表が矢竹さんよりあった
 
 
NEW  12月10日~12日 エコプロダクツ2015に出展しました。
 
 
 沢山の皆様にご来場賜り、誠にありがとうございました。
 アニマルパスウェイと樹上性動物の保全について知っていただけたと存じます。
 エコプロダクツ展全体の来場者数は16万9千人強でしたが、当会ブースには
 約800人の皆様が訪れていただきました。またご寄附も頂戴しました。
 心より感謝申し上げます。今後ともよろしくご支援のほどお願いいたします。
 
 
 
 当会展示ブース全景(説明員は矢竹さん)
 生物多様性ナレッジスクエアの表示
 
 
 小中学生の来場者に説明する小田さん
 日建連のブースにもアニマルパスウェイ
  
  エコプロ展の状況をビデオで紹介します。(期間限定)下記をクリックください。    
 
NEW 12月3日 公益財団法人キープ協会清泉寮に支援自販機設置される
 
 予てよりご検討いただいていましたアニマルパスウェイの発祥の地でもあるキープ
協会清泉寮の本館と新館に2台設置されました。大変ありがとうございます。
 アニマルパスウェイややまねミュージアムの見学とともに、是非自販機で飲み物を
購入することで、ヤマネなどの樹上性野生動物の保全活動にご参加ください。
 
 
 
      清泉寮新館に設置された支援自販機
  キープ協会で作成頂いた呼びかけ表示
 
 
 清泉寮本館に設置された支援自販機
      お泊りの節は是非ご利用ください。       
 
 
NEW  11月27日 日本新聞協会の第6回いっしょに読もう!新聞コンクールの優秀作に読売新聞7月22日の記事の感想が・・ 優秀賞受賞
 
 新潟の中学校一年生の若井さんがお母様と、アニマルパスウェイの記事を読んで
頂き、このコンテストに応募され、優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。
アニマルパスウェイの普及を目指しています当会の関係者も大変喜んでおります。
どうか機会があれば清里や那須のアニマルパスウエィを見に来てください。
 
 
 
 
NEW 11月2日   北杜市の小学生に「ヤマネのマルくん南の森へ」を寄贈
北杜市役所を湊会長とキープ協会の林野常務理事とともに訪問し、白倉市長、藤森教育長ならびに浅川教育部長の皆様にお会いし、絵本を寄贈させていただきました。また、これまでの経過報告といくつかのご相談をさせていただきました。
 
 
 
 
NEW 11月1日 北杜市市制11周年記念式典においてアニマルパスウェイ研究会
 表彰される。
 
北杜市市道上にアニマルパスウェイを設置して8年が経過しました。この1号機での  モニタリング結果で、その効果がある程度把握でき、普及の力になっております。
そのアニマルパスウェイの発祥の地から顕彰されたことは、大変意義があり、また喜ばしいことだと思います。
 
 
 
 北杜市より頂戴した奨励賞
 記念式典に出席した研究会メンバー
 
NEW 10月15日 理事会開催し、上期の事業報告および決算を行いました。

   
詳細はHPの事業報告に掲載しました。
 
NEW 12月10日(木)~12日(土)  エコプロダクツ展に出展します。
 
今年も当会は東京ビッグサイトで開催される環境関係の最大のイベントエコプロ展
に出展します。実物模型などのアニマルパスウェイに関する展示を行いますので
お誘いあわせの上、ご参加ください。
 東4ホール NGO/NPOコーナー 生物多様性ナレッジスクエア N-52 です。
 
 入場は事前登録が楽です。 
 
NEW  9月4日 環境アセスメント学会
環境アセスメント学会研究発表大会特別集会 「野生生物と交通」の現状とその課題」 が龍谷大学瀬田キャンパスで開催され、ドーコンの山田氏のコーディネートで
湊会長、園田さんが発表されました。写真は出席された小田さんから頂戴しました。
 
 
 
 湊会長のアニマルパスウェイの開発と普及についてのご講演
 同左

 

 
8月30~31日 八ヶ岳南麓ApWA調査
  RD調に並行して、北杜市付近のアニマルパスウェイ設置のための新たな適地絞り込み
の現地踏査を行った。これは、GIS MAPを利用したデータによりある程度絞り込んだ
個所を、現地で検証するもので、GIS MAPを用いたシステムの汎用性を高めることを
も目的とする。今後さらに絞り込まれた地域については詳細な現地生態調査を行う。本調査は三井物産環境基金助成による。
 
8月26~30日 八ヶ岳南麓RD調査
 
東京農大名誉教授の土屋先生、当会の湊会長の指導により山梨県と協力して、小型哺乳類のRD調査を行った。前半は関西学院大の学生さん達の協力を得、後半はApWAのメンバーが加わった。本調査はセブンイレブン記念財団の助成による。
夜間のRD調査をする関西学院大の学生
さん(湊教授を中心に)
 
 土屋先生を中心にRD調査を実施
  
 
 
7月30~31日 道東の高速道路における野生動物対策事例視察・調査
 「野生生物と交通」研究発表会のシンポジウムに参加した海外の行政機関・研究者の方々10名を含む25名が参加し、北海道技術開発センターが主催して標記の視察ツアー
が開催されました。当会と致しましても様々なアニマルパスウェイを調査する機会となり、6名がが参加しました。NEXCO東日本北海道支社ならびに国土交通省北海道開発局の皆様のご案内と当会顧問の帯広畜産大の栁川先生にご案内・ご説明を頂きました。
 
 
 
 クマ用パイプカルバート
 エゾシカ用アウトジャンプ
 
 シカ用オーバーブリッジ
 バットボックスとテンなどの通路
 
   他にエゾモモンガ用の横断のためのポールやサービスエリアでの小学生達が製作したバードハウスの活動を視察、実際にシジュウカラなどの営巣跡が見られた。また帯広市内のエゾリスなど樹上性動物用のエコブリッジを視察、耐久性などを検証するのに勉強になった。
 
 
7月28日 『野生生物と交通:エコインフラと道路の安全性に関する国際シンポジウム』
  
   主催 一般社団法人 北海道開発技術センター

   共催 アニマルパスウェイ研究会
 
   日時 2015年7月28日(火曜日) 15時40分~18時10分
 
   場所 札幌コンベンションセンター小ホール
   (第5回国際野生生物管理学術会議(IWMC2015)内)
     札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1 

   特別参加費 8,000円
      詳細:こちら
 
7月22日 読売新聞朝刊 P17 NEXT LIFEに掲載
 代表理事が本会を創設したいきさつが掲載されました。
   
 
  9月6日に英字ニュースにも掲載されました。
 
7月11~15日 富士山レッドデータ調査・アニマルパスウェイ設置調査
 
 元東京農大野生動物研究室教授で現在太美生物研究所長の土屋公幸先生のご指導の
 もと、富士山北麓の絶滅危惧種などの小型哺乳類の生物調査を行った。本活動は
 アニマルパスウェイを設置する上DNA解析によりヒメネズミなどのでの道路による
 森林分断の影響を研究するきっかけにもなるかもしれません。
 山梨県のRD調査を兼ねるため、山梨県ならびに河口湖にある環境省の生物多様性
 センターと協働して行いました。また多くの専門家ならびにボランティアの
 皆様が集結し、当会湊会長が指揮しました。多くの成果が得られました。
 
 
 
 河口湖駅からの富士山
 今回の調査スタッフ(一部のメンバー)
 
    
 
6月22日 第4回通常総会ならびにアニマルパスウェイ研究会開催
  26名が出席し、大成建設の会議室をお借りして総会を開催しました。 2014年度の報告、決算および2015年度の実施計画、予算などについて全員一致で承認されました。
 
 総会にひきつづきアニマルパスウェイ研究会が開催され、国土交通省国土技術政策総合研究所(国総研)防災・メンテナンス基盤技術センター緑化生態研究室 研究官の上野様よりアニマルパスウェイの設置場所の絞り込みに向けてと題しご講演賜りました。
引き続き会員で元国総研で現在地域環境計画の園田さんに道路横断施設マニュアルのお話を頂戴しました。
いずれもアニマルパスウェイの普及にきわめて有意義な内容でした。
 
 第4通常総会in大成建設
議長は湊会長
 
 
 国総研の上野氏による「アニマルパスウェイ
設置場所絞り込みに向けて」のご講演
 国総研で作成された道路横断施設マニュアルについて、地域環境計画の園田氏のご講演
 
 
 
6月1日 那須平成の森フィールドセンターにアニマルパスウェイ支援自販機2台設置
 
  アニマルパスウェイが設置されている環境省の那須平成の森フィールドセンターに、キリンビバレッジのアニマルパスウェイ支援自販機が2台設置されました。
森を訪れる
多くの皆様の喉を潤すとともに、樹上性動物の保全活動を知っていただくこ
とになります。
 設置にご尽力いただいた皆様に感謝申し上げます。
 
設置された2台の支援自販機
APWの普及活動支援のお願い
  
   那須平成の森はこちら
 
 
 
5月25日 北杜市アニマルパスウェイをフジテレビが取材!!
  地球環境大賞を主催されたフジサンケイグループのフジテレビでは、地球環境大賞受賞
 企業・団体を紹介する番組を放送します。アニマルパスウェイ研究会も本年特別賞を受賞
 しましたので、現地を取材されました。取材の一部と参加の皆様の記念写真です。
 
 
 
 NTT東日本の保坂さんが操作する高所作業車で
リポートされる森本さやかさん
 参加したアニマルパスウェイ研究会メンバーと
フジテレビ関係者・スタッフ
   
  なお、放送は地上波(フジテレビ)では、
                         2015年6月20日(土曜日)10時25分~11時25分
   全国的には、BSフジで2015年6月28日(日) 15時~16時の放送予定です。
   番組名「地球環境大賞」 です。
 
 
 
5月24日  新宿NPO協働推進センターまつり
  当会は新宿区に登録している一般社団法人ですので、新宿のNPO協働推進センターを
 時々廉価に利用させていただいております。そのセンター(旧西戸山二中跡)でのおまつりに
今年も参加しました。準備に3名、開催当日は4名で対応しました。

 笹木さんに舞台上でアニマルパスウェイをご紹介いただきました。映像は→こちら
 
 
 
 準備する笹木さん、猪熊さん
 左から笹木さん、藤田さん、齋藤さん
 
 
4月22日 一般財団法人セブンイレブン記念財団より助成
  山梨県の小型哺乳類のレッドリスト絶滅危惧種の調査のため、八ヶ岳ならびに
 富士山の山麓の調査に掛かる費用を助成いただきました。感謝申し上げます。
 
 
    
 
4月9日  フジサンケイグループ主催地球環境大賞授賞式
  アニマルパスウェイ研究会は樹上性動物の保全活動により審査員特別賞を受賞しま
 した。
  授賞式に先立ち、明治記念館の庭園にて、両殿下と懇談させていただきました。
   授賞式
の後のレセプションでもよりお時間を頂戴でき、当会制作の絵本をお持ちい
   ただきました。
  清里・那須のことも良くご存知でしたので、アニマルパスウェイを実際に御覧頂く
   機会
もくるかもしれません。
  当日は限られたご招待で皆さんをお招きできませんでしたが、ご参加頂いた一部の
 皆様と表彰状とクリスタル製のトロフィーを囲んで記念撮影を致しました。
  なお、トロフィー等はやまねミュージアムに展示公開いただく予定です。
 
 
 
 アニマルパスウェイの紹介映像を御覧頂く
秋篠宮・同妃両殿下
 審査員特別賞を受賞する湊会長
 
 
 授賞式・レセプションに参加頂いたメンバー
 表彰状
  
 
3月14日 環境省主催 グッドライフアワード表彰式 
    アニマルパスウェイ研究会は環境大臣賞優秀賞を受賞!!
 
 
 シンポジウム・表彰式が東大伊藤謝恩ホールで開催されました。
  中井環境省審議官が地球環境の逼迫した状況をご説明され、その後昨年度の受賞
 や里山資本主義の著者NHKの井上氏らのシンポジウムがあり、その後本年度の環境
 大臣賞候補の10団体・個人がプレゼンテーションを実施しました。
   アニマルパスウェイ
研究会は2番目で、湊会長の名調子で会場を沸かせました。
   続いて表彰式が行われ、全部で135点の応募があり、その中で初めて最優秀賞
   1点、
優秀賞3点、特別賞6点が発表され、アニマルパスウェイ研究会は優秀賞に
   選定されました。
   http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/report/2015_01/index.html
 
 
 
 動きのある湊会長名調子のプレゼンテーション
 各賞決定後優秀賞以上のシンポジウムに参加
 
 
 参加関係者による記念写真(中井審議官も入っていただいた)
 10点の候補にそれぞれ賞が決定(上段左から2番目)
 
http://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/goodlifeaward/

アニマルパスウェイ研究会のHPには賞状と楯も掲載してあります。
http://www.animal-pathway.jp/GoodLifeAward2015.html
 
 
 
3月8日   平成26年度日本自然保護大賞 入選

   
公益財団法人日本自然保護協会(亀山章理事長)で主催する日本自然保護大賞に
  アニマルパスウェイ研究会「樹上性野生動物の保護のためのアニマルパスウェイの開発・普及」が入選しました。
   
 
 
 
3月5日 ザ・ボディショップ財団 チャリティーリップバターによるご寄附を今年も頂戴しました。 絵本パンフに一部使わせていただきました。
   感謝申し上げます。
 
 
2月20日 第14回「野生生物と交通」研究発表会
  当会も共催いたしております研究発表会が札幌コンベンションセンターで開催され、
  アニマルパスウェイ関係で2件の発表を行いました。 
   http://www.wildlife-traffic.jp/symposium/
 
 
 
 小松さんが第3分科会緑化・保全の座長を務められました。
 第5分科会 エコブリッジでキーワード・方策について
  代表理事が発表
 
 第2分科会 ロードエコロジーでは園田さん(当会会員)が「マイクロチップを用いたサンショウウオ類の生息環境評価と環境保全措置の効果検証」を発表されました。
 
 第5分科会では北海道道でのエコブリッジ設置試験-エゾリス対応-の紹介もされました。 
 
 第5分科会 エコブリッジで設置候補地点絞込みに関する一考察について小松さんが発表
 
 
     
 
2月7日先輩ROCK YOU」に正会員小松さん出演、アニマルパスウェイも紹介
  
 
 
 小松さんのトゥルーストーリー
 アニマルパスウェイも映像紹介
 
 
2月1日 科学技術と経済の会「技術経済」に経団連自然保護協議会
石原部会長
ならびに当会湊会長、正会員の岩渕さん執筆の「企業が伝える生物多様性の
恵み」(経団連出版)の書評が掲載されました。(pdf:JATES提供)
 
 
 ご購入の際は当HPのアマゾンのバナーからお願いします。
(Amazonからの寄付に繋がります)
 
 
 
1月29日 湊会長 技術経営会議で講演
       科学技術経済の会の技術経営会議において「生物多様性の取り組みの必要性について」
  と題し、ご講演頂きました。ヤマネやアニマルパスウェイの話も含め、
  初めてお聴きする話もあり、興味深いものでした。
 
 
  

 
1月29日 東京建設コンサルタント様に感謝状贈呈
  昨年自販機を設置し、アニマルパスウェイの活動をご支援いただいております
 
株式会社東京建設コンサルタントの小林専務執行役員様に感謝状を贈呈致しました。
 
 
 
   専務執行役員小林様に感謝状を贈呈
 APW支援自販機と
   ご尽力いただきました小坂様
 
 
 
2015年1月8日 新春早々大成建設株式会社設計本部様に2台目の
 アニマルパスウェイ支援自販機を設置頂きました。 
   本年の始まりにあたり幸先良く、大変ありがとうございます。
 
 
 
12月11日~13日 エコプロ展です。
小中学生はじめが大勢ブースにお越し頂きました。(16万人強の入場者がありました)
また、日建連やキープ協会、経団連自然保護協議会でもアニマルパスウェイの取り組みをご紹介頂きました。ご来場ありがとうございました。
 
 
 ApWAのブースを訪れてくれた小学生グループ
 中学生グループ
 
 
 日建連のブースでもアニマルパスウェイが
 キープ協会ではミニのアニマルパスウェイ展示
 
 
 
 
    本会へのお問い合わせ
 
 アニマルパスウェイの普及と樹上性の野生生物の保護活動に関心のある皆様、ご協力してくださる方を募っています。(ご関心のある方は問い合わせメールにてご連絡ください。)
 
 また、アニマルパスウェイを利用する動物たちのモニタリング調査をしています。
 調査員として参加してくださる方は、こちら(あなたも調査員) をご覧ください。
 
 
    リンク先
 
各関連サイトもぜひご覧ください。

 アニマルパスウェイ研究会 
(アニマルパスウェイに関する情報にリンク) 

やまねミュージアム
(ニホンヤマネに関する情報にリンク)

 
       
 
 モニタリング映像
 アニマルパスウェイ(APW)を利用する野生動物を捉えた映像です。
 是非ご覧下さい。 
実証用APWの最初の利用者45秒
 
  
 
 北杜市公道上APW 4分20秒
 
  
  
 
アニマルパスウェイの普及、設置、野生生物の保全活動に、ご協力ください。
 
     
 
        
 上のバナーをクリックして、アマゾンの商品をご購入していただくと、3%がアニマルパスウェイと野生生物の会に寄付されます。
 
 アマゾンでご購入の際は、ぜひご協力をお願い致します。
 
 
  
  
  
 
 
(賛助会員バナー)

(UNDB-J認定連携事業バナー) 
 

                 


 (自販機設置についての
 お問い合わせは事務局まで)